BOATRACE 住之江

11/29 tue

開催中

総展望

line
Instagram
Youtube

一般
報知新聞創刊150周年記念第40回全国地区選抜戦

9 /
14
15
16
17
18
19
20

峰竜太が登場!V戦線まっしぐら

初秋を過ぎても残暑が厳しい。「報知新聞創刊150周年記念第40回全国地区選抜戦」は、9月14日から9月19日まで6日間開催される。一般タイトル戦としては豪華メンバーがそろい、全国的に注目のシリーズとなりそうだ。
なんといっても峰竜太の参加が大きい。内規違反で4カ月の長欠後、6月末の地元唐津で復帰し、いきなりVスタート。現在B1ランクなので一般戦ばかりの配分だが、事故で賞典レースを外したのは一度だけで、あとは予想通りのピンラッシュ。グランプリ優勝戦で41億円の3連単・3連複の返還事故を起こして以来、初の住之江参戦だが、誰もその事故は忘れている。ファンは「今の峰」が見たいだけで、華やかなVロードに期待する。次位グループも豪華布陣。A1ランクの選手を登番順に列記すると、蜷川哲平、笠原亮、山本隆幸、藤岡俊介、長岡良也、後藤翔之、三浦敬太、馬場剛、佐藤博亮、椎名豊、村松修二と、魅力のスターぞろい。中でも尼崎オーシャンカップを制した椎名がSG覇者としての存在感。デビュー時から注目された逸材だが、G1制覇なしでSGを制し、暮れの大村グランプリでも注目の的か。大事故から奇跡の復活劇で関係者を驚かせた笠原のレースも興味津々。水面を切り裂く大胆ハンドルは健在で、住之江水面も難なくこなしている。山本、藤岡、長岡の兵庫トリオも優勝戦線を盛り上げそう。特に山本は8月に当地出場しており、ペラ感覚もつかんでいるはず。あと、村松の自在俊敏戦も舟券的な妙味十分。地元勢は原田秀弥、村上功祐の両ベテランに頑張ってほしい。

初日・第12レース「報知ドリーム」出場予定選手

  • 4019 A1 笠原亮(静岡)
  • 4787 A1 椎名豊(群馬)
  • 4320 B1 峰竜太(佐賀)
  • 4460 A1 後藤翔之(東京)
  • 4816 A1 村松修二(広島)
  • 4278 A1藤岡俊介(兵庫)

【予備】 4769 馬場剛(東京)、4025 山本隆幸(兵庫)

PICKUP

峰との対戦が楽しみ

4019 A1
笠原亮(静岡)

2020年、地元のお盆レースでドクターヘリを要請したほどの大けが。「顔面多発骨折」の傷病名は聞くだけで痛々しいが、ほとんどの関係者は、『おそらく復帰は無理だろう』と悲観していた。ところが1年2カ月余の治療期間を経て、笠原は見事に復活。しかも復帰第1戦の浜名湖で優勝したのだ。この快挙に皆が驚くとともに喜んだ。笠原のレース手腕は、誰もが認めるところだが、まさか復帰戦で優勝するとは…。その時の着順は、21111311で、なんと2日目から4連勝、8戦6勝の快挙だった。彼の戦歴で一番に挙げたいのは、デビュー5年11カ月でSG初参戦で初優勝した多摩川開催のクラシック。ここで一気にスター選手の仲間入りをした。もともとが天才肌だったが、SG級の選手を相手に豪快なハンドルで圧倒した。今もそのスタイルは変わっていない。今節は峰と対戦する。腕比べ、スピード比べが楽しみだ。

全国過去3節

2022.08 児 島GⅡ

224 331 1 

2022.08 蒲 郡一般

212336421131

2022.08 浜名湖一般

21252222

赤字は優勝戦です ※数字は2022年09月13日現在のものです

シリーズインデックスへ戻る

Language