BOATRACE 住之江

12/06 mon

開催まで2

総展望

line
Instagram
Youtube

一般
スポニチ杯争奪 第55回住之江選手権競走

9 /
17
18
19
20
21
22

今年地元初出場の岡村仁が武者震い!

「スポニチ杯争奪 第55回住之江選手権競走」が、9月17日から9月22日まで6日間開催される。
高松宮記念が終わった後の開催で、メンバー的には中堅上位級の激突。最近の住之江そのまま、好配ラッシュに沸くシリーズとなりそう。

昨年の大晦日シリーズから地元戦を遠ざかっていた岡村仁。今年3回のオール大阪に一度も顔を見せず、やや希薄な存在感に。
その間、しっかりA1キープと、ある程度の力量はキープしているものの、特に強調する働きがない。今節は軌道修正に全力疾走!いいエンジンを引いてもらいたい。
地元二本柱としたいのが藤山雅弘。こちらもA1は定位置と認識されているが、記念の壁を感じている近況。弟の藤山翔大が快速イメージで売り足し中の現在、こちらも個性的な領域を探している。そのためには地元優勝が最大の糧になる。

遠征組では柴田光、村田修次、船岡洋一郎、椎名豊がピックアップされる。
その中で水面相性良しはベテランの村田。切れ味十分の自在ハンドルが難水面を切り裂いている。
椎名は早くから頭角を現し、期待の新鋭とされていたが、最初の6年間は住之江の配分がなかった。
そのせいか、住之江実績は一息。「今度こそ!」の気合だろう。

都築正治、古川誠之の愛知A1ラインも気になる存在。古川は17年当地V歴があり、その後も確実な航跡。
あとA2ランクながら、最近ペラが当たっている感じの島川光男。参加のたびに「住之江で24場制覇!」が見出しに。そのシーンを拝見したい。

女子選手も8人参加する。その中で寺田千恵はダントツの存在感。優勝戦線を盛り上げる1人として、6日間マークしたい。

初日・第12レース「スポニチドリーム」出場予定選手

  • 4311 A1 岡村仁(大阪)
  • 3826 A1 村田修次(東京)
  • 3435 A1 寺田千恵(岡山)
  • 4398 A1 船岡洋一郎(広島)
  • 3550 A1 都築正治(愛知)
  • 4787 A1椎名豊(群馬)

【予備】 4488 小山勉(埼玉)、3532 柴田光(群馬)

PICKUP

好配を呼ぶこの2人!

3705 B1
濱田隆浩(大阪)

今の舟券の楽しみは2つ。1.前付けの選手がいること。2.エンジンを快速に仕上げる選手がいること。今節の超個性派、前付け敢行は地元の濱田隆浩。誰が相手でも妥協せず、ただただ先に回ってスローダウン。そのせいか、知り合いばかりのオール大阪戦はほとんど参加していない。前付けからスロー域を深い進入にさせるので、ついついダッシュ勢からの舟券を買ってしまうが、これは濱田のペースでもあり、2コース差しで3連単マンシューを提供するシーンがたびたび。いつも人気薄なので、節間通して買っても損をさせないイメージがある。もう1人は女子快速ナンバーワンとして人気急上昇中の高田ひかるを姉弟子として、その恩恵(ペラゲージ、調整)を受けている感じの山下夏鈴。なかなか勝率が上がらなかったが、近況はパワーを仕上げて一発!というシーンが多くなった。あくまでも展示タイムに注目だが、他艇よりワンランク上の数字なら迷わず買いのゴーサイン。

全国過去3節

2021.08 常 滑一般

266 454 12

2021.08 桐 生一般

216 664 3 25

2021.06 浜名湖一般

434 414 45

赤字は優勝戦です ※数字は2021年09月16日現在のものです

シリーズインデックスへ戻る

Language