BOATRACE 住之江

12/07 tue

開催まで1

総展望

line
Instagram
Youtube

GⅠ
GI第49回高松宮記念特別競走

9 /
2
3
4
5
6
7

ほぼオールスター!グランプリの前哨戦

ファン待望の「G1第49回高松宮記念特別競走」は、9月2日から9月7日まで6日間開催される。獲得賞金上位の選手は、グランプリの前哨戦として、レース、整備の方向性を再構築。住之江だけの名物G1戦をしっかり楽しみたい。高松宮記念といえば地元強し!のイメージ。今回は松井繁がF休みで不参加だが、それでも石野貴之、太田和美、田中信一郎、丸岡正典、湯川浩司のSG覇者軍団に、西村拓也、秦英悟、木下翔太、上條暢嵩の記念常連組、藤山翔大、上田龍星、井上忠政のフレッシュ組とバランスの取れた勢力図。その中で、現在(8月初旬)賞金ランク第3位の石野がしっかりグランプリに照準を合わせている。グランプリは2019年に制しているが、その時は高松宮記念も初制覇だった。高松宮V→グランプリ勝利のイメージは脳裏に色濃く残っているはずで、初日から戦闘モード突入か。この大会最多V4の太田も夏場から調子を上げてくるタイプで、ベテランらしく静かな闘志を秘めている。
もちろん遠征組も豪華布陣。オーシャンカップ制覇の濱野谷憲吾に、山崎智也、瓜生正義、吉川元浩、中島孝平、井口佳典、桐生順平のグランプリ覇者連。今年こそグランプリ初制覇を!は、坪井康晴、白井英治、毒島誠、馬場貴也、篠崎仁志ら超実力派の面々。この5選手はいずれも高松宮はV歴がなく、このシリーズがいかに大事なG1であるかを認識している。初日、2日の12Rに組まれているドリーム戦は誰がオレンジ機(連対率上位6基)を引き当てるか?が焦点。間違いなく強パワーが期待できるのは38、37、62号機で今の時点ではこれがベスト3で、前検のモーター抽選が楽しみだ。

初日・第12レース「高松宮特選」出場予定選手

  • 4168 A1 石野貴之(大阪)
  • 3897 A1 白井英治(山口)
  • 4044 A1 湯川浩司(大阪)
  • 3590 A1 濱野谷憲吾(東京)
  • 4024 A1 井口佳典(三重)
  • 3622 A1山崎智也(群馬)

【予備】 3556 田中信一郎(大阪)、4477 篠崎仁志(福岡)

2日目・第12レース「ジャンピー特選」出場予定選手

  • 4238 A1 毒島誠(群馬)
  • 4444 A1 桐生順平(埼玉)
  • 4262 A1 馬場貴也(滋賀)
  • 3557 A1 太田和美(大阪)
  • 3783 A1 瓜生正義(福岡)
  • 4908 A1上田龍星(大阪)

【予備】 3556 田中信一郎(大阪)、4477 篠崎仁志(福岡)

PICKUP

馬場、桐生の怪腕ライン!

4262 A1
馬場貴也(滋賀)

前日予想を終え、何気なくレース一覧を見ると、全レース1枠に◎(本命印)を振っていることに気が付く。こんな日は、記事作成に難儀する。すべて同じ文章で書くわけにはいがず、手を変え品を変えレース記事をひねり出すわけだが、いつもの倍の疲労感を感じる。特に記念戦は毎日がこの感覚で、いかにイン逃げが多いか、改めて思い知らされる。しかし、救世主はいる。馬場貴也、桐生順平の怪腕ラインだ。この二人はどの枠でも舟券的要素を秘めている。特にあの峰竜太からライバル視されている馬場のまくり差しハンドルはナンバーワンの切れ味。狙いは1、3、5の奇数枠で、この枠の時は黙って買うべし。桐生は住之江の難所である2Мを全速でターンし、失敗を繰り返してきたが、小回りに切り替えてからグッと戦歴アップ。最近レースリズム一息なら、この住之江で軌道修正のチャンスと言える。

全国過去3節

2021.08 蒲 郡SG

24転 523 5 4

2021.08 びわこ一般

1転11112112

2021.07 宮 島GⅢ

131 111111

赤字は優勝戦です ※数字は2021年09月01日現在のものです

シリーズインデックスへ戻る

Language