BOATRACE 住之江

09/22 tue

開催まで4

総展望

line
Instagram
Youtube

一般
ヴィーナスシリーズ 第31回アクアクイーンカップ

7 /
20
21
22
23
24
25

長嶋が住之江で軌道修正へ!

今や、G1戦に引けを取らないほどの人気を誇るオール女子戦。222名(7月現在)もの選手数をそろえ、ほとんど毎日女子戦は開催されているが、熱戦に次ぐ熱戦で、女子戦のレースレベルはかなり上昇している。ボートレース住之江では、「第31回アクアクイーンカップ」が、7月20日から7月25日まで開催される。

長嶋万記の近況は横ばい状態。A1レベルの走りは維持しているが、若手の波に押されている印象もある。住之江でのオールレディースは優勝(2018)、優勝2着(2019)とまったく問題ない走りで人気に応えている。今節は軌道修正の気持ちも強く、メンバー的にもシリーズ・リーダーの自覚を持って全力疾走か。
細川裕子、宇野弥生の愛知ラインも優勝戦線を盛り上げる。細川はチルト1.5で当時の女王・横西奏恵選手を大外からまくったレースが強烈な印象として残っているが、現在は確実な自在ハンドルが売りの巧者タイプ。その部分が物足りないが、安定感は随一だ。宇野はスタート一発、攻め一徹が身上。パワーが仕上がれば連勝街道を突っ走る。
「なにわ女子軍団」は高橋淳美が団長。五反田忍、落合直子、鎌倉涼、関野文ら実力者がそろっている。快速イメージの五反田、攻め一徹の落合、自在さばきの鎌倉と、それぞれが持ち味を発揮して、なんとか地元Vを飾りたい。今回はメンバー的にチャンスありと見たい。
あと海野ゆかり、向井美鈴のベテラン勢に注目。両者とも攻守そろった真の自在巧者だが、住之江でのイメージは向井を評価する手か。期待の若手・西橋奈未に、産休欠場明けから着々と復活している中村桃佳にも注目してみたい。

初日・第12レース「ドリーム戦(大スポドリーム)」出場予定選手

  • 4456 A1 鎌倉涼(大阪)
  • 3618 A2 海野ゆかり(広島)
  • 4964 A2 土屋南(岡山)
  • 4183 A1 宇野弥生(愛知)
  • 4714 A2 喜多須杏奈(徳島)
  • 4961 A2西橋奈未(福井)

【予備】 4901 出口舞有子(愛知)

2日目・第12レース「ドリーム戦(アクアドリーム)」出場予定選手

  • 4190 A2 長嶋万記(静岡)
  • 4289 A1 落合直子(大阪)
  • 4123 A1 細川裕子(愛知)
  • 4825 A2 倉持莉々(東京)
  • 4823 B2 中村桃佳(香川)
  • 3801 A2五反田忍(大阪)

【予備】 4901 出口舞有子(愛知)

PICKUP

好配は地元勢の気合一発から

4289 A1
落合直子(大阪)

舟券的に一番お世話になっているのが高橋淳美だ。S展示、周回展示の気配が重くても、本番は見違えるようなレースをすることが多々ある。いわば今垣光太郎タイプで、2、3コースなら狙い筋。五反田忍も好配の使者で、注目は周回展示タイム。仕上がっていればトップの数字をマーク、6コース以外なら一発アクションがある。今回F持ちだが、攻め一徹は落合直子。少々のパワー差は豪快全速ターンでカバー。4、5コースなら迷わずの買いか。鎌倉涼はどのコースでも人気になり、好配狙いより本命サイドの舟券で活用。住之江を走れば必ず好配を提供しているのが関野文で、3、4コースからのセンターまくりが狙い筋。S展示、周回展示が目立たなくても流し舟券で買ってみたい。

全国過去3節

2020.05 浜名湖GⅢ

644 431 1321

2020.05 平和島GⅢ

3 1631245416

2020.05  津 一般

1 562 F14 3

赤字は優勝戦です ※数字は2020年07月19日現在のものです

シリーズインデックスへ戻る

Language