総展望

GⅢGⅢオールレディース第32回アクアクイーンカップ

6
12
13
14
15
16
17

鎌倉、平高、遠藤がビッグスリー!

ファン待望のG3オールレディース「大阪スポーツ賞第32回アクアクイーンカップ」が6月12日から6月17日の6日間開催される。ナイターの水上でよりきらめく、オールレディースに注目したい。
今節は初日、2日目にドリーム戦が組まれている。ドリーム戦は得点増しで、Vロードが有利になる。初日1枠は鎌倉涼、2日目1枠は平高奈菜の100期コンビで、シリーズをけん引していく。鎌倉は新期女子最高勝率をマークするなどの完全復活。今年はすでにV3の活躍で、その雄姿を地元の住之江で披露したい。平高は暮れのクイーンズクライマックスを制し、その後もVラッシュが続き、鎌倉同様の今年V3をマークしている。今や女子ナンバーワンの存在感があり、今節も別次元の切れ味を見せる。遠藤エミの底力も互角の評価。事故なく確実に勝ち進む安定感は随一ともいえる。こちらも今年V3と飛ばしているが、多摩川、びわこと連覇してよりレースリズムが好転している。優勝候補ビッグスリーとして鎌倉、平高、遠藤の3選手を認識しておきたい。
差のないセカンドグループとして近況絶好調の細川裕子、ベテランさばきが一味違う海野ゆかり、攻守極めたハンドルの大瀧明日香、波に乗れば無敵の浜田亜理沙と役者がそろっている。あと地元の五反田忍、原田佑実もドリーム発進。パワー条件がそろえばトップ戦線形成の活躍が期待できる。鎌倉、平高と同期の川野芽唯も近況復活モードで好内容のレースが期待できる。ドリームからは漏れたものの、池田浩美、金田幸子、松尾夏海の速攻力は舟券的に魅力いっぱい。女子オールスターを思わせるメンバーで楽しみなシリーズ。

初日・第12レース「大スポドリーム」出場予定選手

  • 4456 A1 鎌倉涼(大阪)
  • 3618 A1 海野ゆかり(広島)
  • 3999 A1 大瀧明日香(愛知)
  • 4433 A1 川野芽唯(福岡)
  • 4546 A2 浜田亜理沙(埼玉)
  • 4678 A2水野望美(愛知)

【予備】 4183 宇野弥生(愛知)、3932 池田浩美(静岡)、4289 落合直子(大阪)、4065 金田幸子(岡山)

2日目・第12レース「アクアドリーム」出場予定選手

  • 4450 A1 平高奈菜(香川)
  • 4502 A1 遠藤エミ(滋賀)
  • 4045 A2 佐々木裕美(山口)
  • 3801 A2 五反田忍(大阪)
  • 4123 A1 細川裕子(愛知)
  • 4372 A2原田佑実(大阪)

【予備】 4183 宇野弥生(愛知)、3932 池田浩美(静岡)、4289 落合直子(大阪)、4065 金田幸子(岡山)

PICKUP

ただいま絶好調!

4456 A1 鎌倉涼(大阪)

デビュー14年目。デビューから彼女の航跡を見てきたものとしては、もうそんなになるのか?と、感慨深い。あどけなさが残るデビュー時は何もかもが青い果実のようだったが、今や良妻賢母のママさんレーサーである。住所も旦那さんの地元(静岡県)に移したが、支部は大阪のまま、住之江の女子戦はよりプレッシャーを感じて走っている。産休明けからのレースは、「以前のハンドルが切れない。レースが見えない」と手探りの状態が続いたが、前期は女子ナンバーワン勝率の7.67をマーク。これは自身2番目(最高は2015年後期7.78)の勝率だが、女子トップもそのとき以来。勝負強さも抜群で、今年は早V3。いずれも得点トップからの優勝戦1枠逃げ、と完璧なシリーズ制覇だった。ただ、住之江は苦戦のイメージの方が強い。12月の女子戦は優出2着だったが、大阪のエースとしては是が非でも優勝の二文字が欲しい。今節は「成熟」したレースを披露する。

全国過去3節

2021.06 からつ一般

26413 134421

2021.05 若 松SG

664 5 254 2

2021.05 丸 亀一般

121 542152

赤字は優勝戦です ※数字は2021年06月11日現在のものです