総展望

GⅠ

GI太閤賞競走 開設63周年記念

6月9日(日)10日(月)11日(火)12日(水)13日(木)14日(金)

Wドリームの1枠は松井繁と毒島誠

ボートレース住之江では、「G1太閤賞競走 開設63周年記念」が、令和元年6月9日(日)から14日(金)までの6日間開催される。今や恒例となったWドリーム戦、ファン投票の結果選出された実力者12名だが、今回もその戦力分析からシリーズの行方を占ってみたい。
初日ドリーム(千成賞) ①松井繁②吉川元浩③山崎智也④桐生順平⑤井口佳典⑥太田和美 松井は住之江を走る限り初日ドリーム1枠インで勝利できるかどうか、ここにすべてが集約される。それは卓越した整備手腕があればこそで、しっかり逃げて「松井システム」を完成させてほしい。吉川、井口は自他ともに認める水面巧者。吉川は戸田のクラシックを制覇し、早くもグランプリを見据えての走りとなる。井口も揺るぎない安定感で、常に賞金ランク上位をキープ、アクセントをつけるなら住之江Vが一番効果的だ。桐生も相変わらず自信のハンドルさばきで安定した航跡。山崎、太田は近況下り坂であることは否めないが、本来の力量発揮のシーンに期待したい。
2日目ドリーム(関白賞) ①毒島誠②石野貴之③中島孝平④田中信一郎⑤寺田祥⑥馬場貴也 毒島は去年がそうだったように、夏場から調子を上げる。グランプリは準優勝だったが、住之江での苦手意識を払拭(ふっしょく)したようで、まずは周年でその成果を見せる。石野は「地元だけど、敵は住之江の水面!」と言う。難水面攻略はエンジンを超抜に仕上げるしかない。問題は田中だ。「住之江キング」というイメージが薄れている近況。崖っぷちの心境、総力戦しかなさそうだ。馬場は最近では稀有(けう)な存在、大器晩成型かもしれない。今年は優勝戦線を盛り上げそう。

初日・第12レース「ドリーム戦(千成賞)」出場予定選手

  • 3415A1

    松井繁
    (大阪)

  • 3854A1

    吉川元浩
    (兵庫)

  • 3622A1

    山崎智也
    (群馬)

  • 4444A1

    桐生順平
    (埼玉)

  • 4024A1

    井口佳典
    (三重)

  • 3557A1

    太田和美
    (大阪)

G1優勝で大阪支部に「活!」を入れた

4719A1

上條暢嵩(大阪)

松井、田中、太田と、SG戦線をリードしてきた実力者たちも名人世代。今なお、強豪と呼ぶにふさわしい走りは見せているが、「最強軍団大阪支部」の支柱はやや揺らいでいる。石野、湯川、丸岡とSG覇者はまだそろっているが、支部に「活!」を入れるには若手の台頭が必要だった。そんな時に上條暢嵩のG1下関ダイヤモンドカップの優勝は願ってもない朗報だった。初日から圧倒的節一パワーだったが、優勝戦はピット離れで後手を踏みながら、回り直して、なおかつ3カドにする厚かましさ?「このエンジンで勝てなければ一生勝てないのでは…と危機感を持ってレースに臨みました。超抜だったので、外の方たちも3コースに入れてくれたのでは…」と、表彰式でのインタビューは自分勝手?の解釈だったが、精神的な強さも大幅にパワーアップしたはず。これで木下翔太、西村拓也、山崎郡らはうかうかできなくなった。闘魂注入である。

全国過去3節

2019.05 蒲 郡 [GⅢ]

36514 34426

2019.05 桐 生 [一般]

324 11361 

2019.05 住之江 [一般]

4 12133211

:優勝戦※数字は2019年06月08日現在のものです

2日目・第12レース「ドリーム戦(関白賞)」出場予定選手

  • 4238A1

    毒島誠
    (群馬)

  • 4168A1

    石野貴之
    (大阪)

  • 4013A1

    中島孝平
    (福井)

  • 3556A1

    田中信一郎
    (大阪)

  • 3942A1

    寺田祥
    (山口)

  • 4262A1

    馬場貴也
    (滋賀)

【予備】 4028 田村隆信(徳島)、4019 笠原亮(静岡)