総展望

一般

スポニチ杯争奪 第51回なにわ賞

4月11日(火)12日(水)13日(木)14日(金)15日(土)16日(日)17日(月)

正月Vの再現狙う地元・濱崎誠対SGウイナー・吉田拡郎

今年は住之江正月戦でV、さらに2月芦屋の一般戦でもVを飾った地元・濱崎誠が正月ぶりの住之江参戦で自身2度目の地元Vを狙う。2017年前期勝率は6.33で10期ぶりの6点台&A1に到達。今期はここまで6.15とやや下降しているのは気掛かりだが、地の利を生かして優勝に突き進む。
そこに待ったをかけるのはSGウイナーの吉田拡郎。1月に切ったF休み明け2節目の登場。当地は昨年8月の一般戦以来の参戦で、その時は準優敗退しているだけに、今回は一般戦といえどもVを期するものがあるはず。
2017年前期勝率6.66から今期7.02とハイペースモードの君島秀三も優勝争いに燃える。今年は2月に芦屋一般戦でVを決めたばかりなのも見逃せない。さらに、2017年前期勝率は自己最高の6.93をマークしながら、昨年は10優出V1、今年も3優出Vゼロと惜しい戦いが続いている山口裕二も、次こそはと闘志に火が付いている。
以上の4選手に村田敦、松田大志郎を加えた6選手が初日ドリームにノミネートされている。とくに松田は昨年のグランプリシリーズで無念の初日帰郷したリベンジを図りたい。

初日・第12レース「スポニチドリーム」出場予定選手

  • 3944

    山口裕二
    (長崎 )

  • 4082

    濱崎誠
    (大阪 )

  • 4137

    君島秀三
    (滋賀 )

  • 4166

    吉田拡郎
    (岡山 )

  • 4211

    村田敦
    (東京 )

  • 4544

    松田大志郎
    (福岡)

【予備】 3442 宮武英司(香川 )、3933 山地正樹(岡山)

好相性の住之江で約3年半ぶりの優勝へ!

3933

山地正樹(岡山)

2017年前期勝率6.36で現在3期ぶりのA1として邁進中。今期に入ってからは12月に宮島と戸田で2節連続優出と好調ぶりをアピールしたが、以降は準優止まりのレースが続いている。勝率は6.50と上昇中で、次期のA1キープも当確圏だ。当地は2006年11月、2010年5月、2013年7月で3度の優勝歴があり、その実績は小畑実成、都築正治と並んで今節No・1。2013年のVは石野貴之、江口晃生ら強豪を抑えてイン逃げを成功させたものだった。それ以来、優勝から遠ざかっているだけに、今回相性のいい当地水面で自身約3年半ぶりの優勝を狙う。

全国過去3節

2017.03 蒲 郡 [一般]

2 2412252311

2017.03 からつ [一般]

52113 141615

2017.02 児 島 [一般]

1533413 3321

:優勝戦※数字は2017年04月10日現在のものです